睡眠不足は太る原因に!?|羽曳野・藤井寺・八尾・松原・橿原・布施のサロン|リンパマッサージ、アロママッサージ、骨盤矯正

ブログ

睡眠不足は太る原因に!?

こんにちは(^^♪八尾店の浅野です~

ネットを見ているとタイトルの通り気になる記事がありました\(◎o◎)/

「今日は夜更かししちゃお~っと」なんてことよくあるとおもいますがそれが太る原因になるだなんて…!

しかもその原因、「起きてると何かしらつまんじゃう」みたいな、そんなレベルじゃないらしい!!

 

実験結果でちゃーんと出てます\(~o~)/

脂肪を分解してくれるホルモンは寝ている間に作られる。

午前3時から明け方にかけて分泌される「コルチゾール」というホルモンです!

 

これが“痩せられる”大きなカギとなります!

コルチゾールは、体に蓄積されているブドウ糖や脂肪などを、寝ている間に燃焼できるように促すホルモンです。しかも、このホルモンはターンオーバー(古い細胞を新しいものにする代謝運動)もスムーズに働きかけます。

睡眠時間とは、お肌もキレイになって痩せることができる夢のような時間帯なのです~(´∀`*)

☆痩せるための睡眠方法☆

コルチゾールが効率よく分泌するには、午前0~6時をまたぐようにして、7~8時間睡眠を摂る!!

のが理想的だそうです。1日8時間寝よう!だけではダメ!

1日8時間の睡眠が理想的とはいえ、上の午前0~6時をまたいで寝ないとダイエット&美肌の効果が得られないそうです。それに睡眠時間が少なすぎても多すぎてもダメ。

睡眠時間が4時間以下の人:体内のインシュリンがブドウ糖の代謝を正常に行えなくなり、

太りやすいという研究結果もあるそうです。

睡眠時間が8時間以上の人:睡眠中に休んでいる神経中枢が制御された状態になるので、

体の各機能の動きが鈍くなって太りやすくなるのだとか

例えばモデルさん達は、美しくあるために美意識は常に高く持ってはいるものの、結構お菓子好きだったり、焼肉食べたりとか、外食したりしてますよね~(*^_^*)
それなのに太らないという決定的な理由のうちの一つに、この「睡眠」があげられるそう!!

モデルの仕事は、とにかく「朝が早い」。当然「夜も早く休む」夜遅く食べると、胃腸も休んでいる時間なので消化吸収が上手く出来ずに、そのまま贅肉になってしまいます…!夜早く寝ることによってつまみ食いを防ぐだけじゃなく、なんといってもコルチゾールをまたぐ時間、きちんと睡眠をとってるんです。

皆さまも夜更かしやめてコルチゾールgetしちゃいましょう♪